グローバル・カルテット企画・広報

記事一覧(8)

【メディア掲載|「駐妻キャリアnet」インタビュー(前編)】

【開催報告|契約率80%超えの受注を獲得した営業資料作成の極意をお伝えしました】

去る8/21(火)、株式会社クリエイターズマッチ様向けに、「戦略的」営業資料作成講座を開催いたしました。代表 城が講師を務め、中途入社1年前後の営業職の方を中心に、マーケティング、法務、監査のご担当の方にご参加いただきました。普段、城は、21名のメンバーを牽引しながら様々な業種・業界のコンサルティングファームや広告代理店案件を調査し、提案資料作成のクオリティコントロールとリサーチのコア業務に専念しています。このような営業資料作成講座の講師を担当するのは今回が初めてとなります。なぜ講座開催に至ったのか?それは何気ないFacebookでの呟きからでした。”今さら聞けない”資料作成講座への潜在的ニーズに気づくこの講座は7月初めに城と企画担当の岡村の雑談レベルのメッセージやりとりがキッカケで生まれました。岡村「アイデアはどんどん閃くのですが、それをまとめて企画書に落とし込むのが苦手です。人数集めるので、パワポ講座開いてもらえませんか?」城「いいですよ」その数分後、「一緒にパワポ講座を受講してくれる方ご連絡ください!」と呟いた岡村のFacebookは過去最高のいいね!とコメントを獲得。20〜40代まで幅広い年齢層から参加希望のコメントがありました。その中で、「講座会場を提供しますので、社員向けに資料作成講座を開催してもらえませんか」とお問合せいただいたのがクリエイターズマッチご担当者様だったのです。先ず、講座を開催するにあたり、役員の方にヒアリングをしたところ、「若手営業担当が使用する営業資料は、大口・小口、PUSH・PULL案件問わず、公式資料は全て営業担当役員が作成している。しかし今後は、営業メンバー各々が顧客ニーズに即した営業資料を効率的に作成するスキルを身に着けて営業活動に活かして欲しいのだが、そもそも何に課題感を持っているか分からない。」との現状と課題が見えてきました。また、講義内容を考える上で、参加者への事前のアンケートで「資料作りにおいて、どのような課題を感じていられるか」をお伺いしたところ、下記の課題が浮き彫りとなりました。