Report

レポート公開|処方薬宅配市場 2022 年版―異業種からの参入続々と

グローバル・カルテットでは、さまざまなテーマで自主調査レポートを公開しています。 第27回は「市場分析レポート|処方薬宅配市場 2022 年版―異業種からの参入続々と 」をお届けします。


ダウンロード資料概要

(下部のフォームにご入力後にすぐに表示されます)

テーマ

市場分析レポート|処方薬宅配市場 2022 年版―異業種からの参入続々と(全6ページ / 約1.2MB)

目的・背景

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、これまで対面が主流だった処方薬の受け渡しにも変化が起きている。オンライン診療・服薬指導の解禁や規制緩和に伴い患者宅に処方薬を配
送する動きが広がっているほか非接触で受け渡しを行えるようコンビニや駅のロッカーを活用する事例なども見られるようになった。

グローバル・カルテットより 2020 年 11 月に発行したレポート「処方薬宅配市場の動向と展望」では規制緩和直後の処方薬宅配市場について調査、報告した。今回はその後、どのように市場が変化したのか、諸外国との比較や日本市場に新たに参入した企業など最新の情報を踏まえて処方薬宅配市場の展望を考察する。

目次

  • 処方薬宅配サービスとは?
  • オンライン服薬指導
  • オンライン診療
  • 法規制
  • 処方薬宅配市場の今
  • 日本における処方薬宅配の今後

【リサーチャー紹介】

松田 有美/Yuumi Matuda
立命館大学 法学部卒業。
大学卒業後エコノミストグループのシンガポール駐在員として新卒入社。 ヘルスケアシンクタンク部門にて市場アナリストとしてアジア諸外国の医療市場や各疾患・治療域について一次・二次データを用いた市場リサーチ、定性・定量データ分析及び報告書作成に従事。3年間で100件以上のリサーチプロジェクトに携わる。 現在グローバル・カルテットのヘルスケア市場調査案件に従事する他、フルタイムフリーランスとして戦略コンサルティングファームや外資系シンクタンクから依頼を受け製薬メーカーや医療機器メーカーの BtoB 、BtoCの市場調査や分析を担当。
※松田紹介記事はこちら

レポートのダウンロードはこちらから



グローバル・カルテットには、様々なバックグラウンドや専門性をもったリサーチャーが在籍しています。ご依頼や対応可能案件のご相談など、お気軽にHPのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

本テーマについて執筆者にもう少し聞いてみたい、質問したいなどのご希望がありましたら、ぜひ直接コンサルタントに質問ができる新サービス「ProSession(プロセッション)」をご利用ください。
ProSessionへはこちらから