Report

レポート公開|ペットテック市場動向 日本と欧米を中心としたペットのヘルスケア注目製品/サービス

ペットテック市場動向 日本と欧米を中心としたペットのヘルスケア注目製品/サービス

ファイルダウンロード

Send download link to:

グローバル・カルテットでは、さまざまなテーマで自主調査レポートを公開しています。 第23回は「市場分析レポート|ペットテック市場動向 日本と欧米を中心としたペットのヘルスケア注目製品/サービス 」をお届けします。


ダウンロード資料概要

テーマ

市場分析レポート|ペットテック市場動向 日本と欧米を中心としたペットのヘルスケア注目製品/サービス (全11ページ / 約1.8MB)

目的・背景

世界でペットテック市場が活況だ。ペットテック(PetTech)とは、ペット(Pet)とテクノロジー(Technology)を組み合わせた言葉で、ICT やデジタル技術を応用してペット飼育者や産業従事者を支援する商品やサービスを指す。
矢野経済研究所によると、国内ペットテック市場では、2016 年頃から徐々に大手企業やベンチャー企業により、新発想の商品が登場し始めた。この背景には、AI などの技術が実用レベルまで進歩したことで、ペット用品に応用されるようになったことがある。また、クラウドファンディングにより、新規商品のアイデアを有するベンチャー企業が当該商品に賛同する支援者からの資金調達が可能になったこともあるという。
今回は日本や欧米の状況、サービス実例をとりあげ市場への理解を深めていく。

目次

■世界の状況(アメリカ、欧州)

■日本の状況

■多岐に渡るペットテック
・ペットウェアラブル端末(健康管理、行動分析、感情分析)
・ペットフード/パーソナライズド商品
・健康管理アプリ
・オンライン診療/相談
・クリニック向けサービス
・その他(ブリーダー向け、里親マッチングなど)
・保護犬猫マッチングサイト

■考察

ペットテック市場動向 日本と欧米を中心としたペットのヘルスケア注目製品/サービス

ファイルダウンロード

Send download link to:

【リサーチャー紹介】

高橋啓子
明治大学 政治経済学部 政治学科卒業。
総合商社のヘルスケア事業部門にて主に医薬ビジネスに携わる中、調査業務にも従事。
7年勤務した後、渡英に伴い退職。子育てが落ち着いたことをきっかけに、2020年よりロンドンからフルリモートフリーランスとしてグローバル・カルテットに参画。
※高橋紹介記事はこちら


グローバル・カルテットには、様々なバックグラウンドや専門性をもったリサーチャーが在籍しています。ご依頼や対応可能案件のご相談など、お気軽にHPのお問い合わせフォームよりご連絡ください。