Report

レポート公開|育児を助けるベビーテック市場動向 -テクノロジーは日本の育児負担を減らせるか-

育児を助けるベビーテック市場動向 -テクノロジーは日本の育児負担を減らせるか-

ファイルダウンロード

Send download link to:

グローバル・カルテットでは、さまざまなテーマで自主調査レポートを公開しています。 第25回は「市場分析レポート|育児を助けるベビーテック市場動向 -テクノロジーは日本の育児負担を減らせるか-」をお届けします。


ダウンロード資料概要

テーマ

市場分析レポート|育児を助けるベビーテック市場動向 -テクノロジーは日本の育児負担を減らせるか- (全11ページ / 約1.5MB)

目的・背景

テクノロジーを活用して子育てを支援する「ベビーテック」の活用促進が進められている。
2022 年 1 月には神奈川県小田原市で市内在住の育児中の親を対象に 4 つのベビーテック製品の実証実験 を行うなど普及に向けた具体的な動きや報道も見られはじめた。
育児の負担を軽減するとともに、少子化が進む日本においても産業としての成長性が期待できるのがベビーテック市場だ。
ベビーテックは米国などでは既に市場として一定の規模があり事例も多い。それらを参考に日本で普及させる方向性を探ってみたい。

目次

1. 日本の家事・育児時間

2. ベビーテックの定義

3. ベビーテックの市場性

4. 効率化したい育児

5. ベビーテックの事例(食事)

6. ベビーテックの事例(睡眠)

7. 日本でベビーテックを浸透させるために

育児を助けるベビーテック市場動向 -テクノロジーは日本の育児負担を減らせるか-

ファイルダウンロード

Send download link to:

【リサーチャー紹介】

森中秀一

関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科修了 (経営管理修士) 商社や外資系消費財メーカーなどでセールスやマーケティングに携わったのちに独立。 現在はフリーランスのコンサルタントとして、スタートアップ企業から上場企業まで幅広いクライアントを支援している。 主にコンシューマー向け食品、消費財の市場調査や定量データの分析を中心に、年間数十件のプロジェクトに従事。

※森中紹介記事はこちら


グローバル・カルテットには、様々なバックグラウンドや専門性をもったリサーチャーが在籍しています。ご依頼や対応可能案件のご相談など、お気軽にHPのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

本テーマについて執筆者にもう少し聞いてみたい、質問したいなどのご希望がありましたら、ぜひ直接コンサルタントに質問ができる新サービス「ProSession(プロセッション)」をご利用ください。
ProSessionへはこちらから